作品の制作当時の思い出を語る伊東さん=伊豆市徳永のカフェ・ルソー

 伊豆市徳永の「カフェ・ルソー 森の美術室」で、同市上白岩の画家、伊東修さん(70)の絵画展が開かれている。伊豆の自然や人物を描いた油彩画、パステル画や、妻の夢女(ゆめじょ)さんの俳画など38点が、来場者の目を楽しませている。

 50号の油彩画「海辺の街」は、36年前に伊東市松川沿いの街並みを描いた作品。「伊東園ホテルの屋上で夢中になって描いた」と当時の思い出を笑顔で振り返った。

 伊東さんは「作品を見比べて楽しんでもらえたらうれしい」と来場を呼び掛けている。

 12月3日まで。入場無料。時間は午前11時~午後5時(最終日のみ午後4時)。水・木曜日は定休。問い合わせは同店〈電0558(83)3445〉へ。

 【写説】作品の制作当時の思い出を語る伊東さん=伊豆市徳永のカフェ・ルソー