計画案について話し合う検討委員会=伊豆の国市役所

 ■計画案まとまる 28年度までに庁舎集約

 伊豆の国市公共施設再配置計画策定検討委員会の第6回会議が4日、市役所で開かれ、2045年度まで30年間の公共施設再配置計画案と10年間の前期実施計画案がまとまった。文化施設では、アクシスかつらぎ、韮山時代劇場、あやめ会館など五つの文化・集会施設を1カ所に統合し、複合・多機能化を図ることを盛り込んだ。

 案では、文化施設は26年度までに再配置を図る。庁舎は28年度までに、伊豆長岡、韮山、大仁庁舎を一つに集約し、併せて韮山農村環境改善センター、あやめ会館の行政機能との統合を図る。

 高齢者健康会館、老人憩いの家水晶苑、高齢者温泉交流館の3高齢者福祉施設は、24年度までに機能統合する。旧田中山分校、旧高原分校は民間移管、公民館などは自治会などへ移管していく。大仁市民会館跡地は大仁署の移転先として検討していきたい−としている。

 第6回会議では、再配置の進め方などについて話し合った。今後は、検討委員会案の報告会を行った後、19日からパブリックコメントを受け付ける。来年1月には市民説明会を開く。それらで意見聴取した結果を踏まえ、市行財政改革推進本部で検討、本年度末までの策定を目指す。

 【写説】計画案について話し合う検討委員会=伊豆の国市役所