稽古に励む(右から)藤田さん、佐藤さんら=伊豆の国市の韮山時代劇場

 ■佐藤さん(ワハハ本舗)初客演

 女優の藤田弓子さんが座長を務める「伊豆の国市劇団いず夢」の第26回定期公演会(伊豆日日新聞など後援)が10日、韮山時代劇場で開かれる。8本の“笑い”を上演する「ザッツ!コント伝説」で、藤田さんは「来年の20周年を前に、オリジナルのコントを集めた」と話している。

 韮山時代劇場を拠点とする市民劇団で、1998年に創立した。テレビの創世期から活躍している放送作家の河野洋さんが脚本を手掛け、ワハハ本舗の佐藤正宏さんが初めて客演する。

 コントの間には、世界の人たちが「ジングルベル」を歌う場面もあり、老若男女が楽しめる内容になっている。団員たちは本番に向けて熱の入った稽古を続けている。

 藤田さんは「生の芝居を家族で見ることで、同じ話題ができるし、人間形成にもつながる。ぜひ子どもにも見てもらいたい」と思いを語る。

 昼の部は午後1時、夜の部は5時開演。チケットは全席自由で前売り1500円、当日1800円、高校生以下500円。問い合わせは同劇団事務局〈携帯080(2618)9106〉へ。

 【写説】稽古に励む(右から)藤田さん、佐藤さんら=伊豆の国市の韮山時代劇場