富士山をバックに記念撮影する参加者=伊豆市の恋人岬

 ■男女6人体験、観光 帰路は路線バスで

 電動アシスト自転車で伊豆半島を巡る長距離サイクリング事業の実証実験が5日、伊豆市から松崎町へ向かうコースで行われた。11月に行った天城越えに続く第2弾。女性4人を含む6人が参加し、サイクリングや合間の体験、観光を楽しんだ。

 伊豆箱根鉄道修善寺駅前にある貸出所「いずベロ」が行った。同所を出発した後、船原峠を通って土肥地区に入り、西伊豆町や松崎町を巡った。向かい風が厳しい区間があったものの、女性参加者も約50キロを走りきり、「楽しい」と笑顔を見せた。

 松崎町では同じく電動アシスト自転車の貸し出しを行う伊豆バスと連携して自転車を乗り捨て、路線バスで修善寺まで戻った。

 いずベロの運営を委託されているNPO法人ステキなごえんの後藤順一理事長は「強風で想定以上の時間を要し、松崎町の観光は省略した。しかし、修善寺―土肥間は十分可能。今後も検討を重ねて、旅行商品を考えたい」と話した。

 【写説】富士山をバックに記念撮影する参加者=伊豆市の恋人岬