瀬戸支部長(右)から賞品を受け取る優勝者の芹沢さん=伊豆市の湯ケ島ゴルフ倶楽部&ホテル薫苑

 県ゴルフ場協会伊豆支部(瀬戸和年支部長)は11日、伊豆プレミアカップ・ゴルフ2017の決勝ラウンドを、伊豆市の湯ケ島ゴルフ倶楽部&ホテル薫苑で行った。予選を勝ち上がった97人がハンディ戦で競い、伊豆の国市の芹沢将さんがネット71・0で優勝した。

 予選、決勝とも18ホール・ストロークプレー、新ペリア方式で行った。決勝は強風が吹く中での争いとなり、出場者は寒さとも戦いながら好スコアを目指してプレーした。

 表彰式で瀬戸支部長(函南ゴルフ倶楽部社長)は「伊豆は地域とゴルフ場が一体となり、生涯スポーツや健康増進としてのゴルフ普及に取り組んでいる。今後も眺望が素晴らしい伊豆のゴルフ場でプレーしてほしい」とあいさつ。成績を発表し、上位者や飛び賞などに賞品を贈った。

 「新たなゴルフムーブメント発信」を掲げる県ゴルフ特区事業の一環として、2014年から開いている。今年は同支部加盟の26ゴルフ場で9月16日~10月1日に予選ラウンドを行い、延べ3600人が参加した。決勝は当初、10月23日に予定していたが、台風接近に伴い延期した。

 優勝を除く上位結果は次の通り(数字はネット)。

 (2)吉越克彦(神奈川県茅ケ崎市)72・0(3)薮田治男(同南足柄市)72・6(4)鈴木朝夫(沼津市)(5)諸星幸政(熱海市)

 【写説】瀬戸支部長(右)から賞品を受け取る優勝者の芹沢さん=伊豆市の湯ケ島ゴルフ倶楽部&ホテル薫苑