職員を前に訓示する小野市長=伊豆の国市役所

 官公庁は28日、今年の業務を終え、田方・三島地区の市町は仕事納め式を行った。小野登志子伊豆の国市長は、1年間を振り返り「挙げきれないほどの出来事や成果があった。皆さんの頑張りでできたものと感謝している」と職員をたたえた。

 同市の仕事納め式は午後4時半から、市役所で開かれた。係長以上の職員約130人を前に、4月の市長選で再選を果たした小野市長は改めて決意を述べた。「韮山反射炉の保存・整備・活用に関する計画」を策定し、11月にユネスコに提出したことについて重要性も語り「後世に伝えていくためにしっかり取り組んでいく」と力を込めた。最後に「長い休みに入る。静養し来年に向けて鋭気を養ってほしい」と呼び掛けた。

 市役所・町役場は1月3日まで休む。婚姻、出生、死亡など戸籍関係の届け出は休み中も受け付ける。

 【写説】職員を前に訓示する小野市長=伊豆の国市役所