寄付金を手渡す早川社長(左)=伊豆市役所

 ■「うめえら」売り上げの一部

 東海自動車(本社=伊東市、早川弘之社長)は9日、伊豆半島ジオパーク推進協議会(会長=菊地豊・伊豆市長)にリキュール「新夏蜜柑(ニューサマーオレンジ)酎うめえら!」の売り上げの一部、14万2800円を寄付した。早川社長が伊豆市役所を訪れ、菊地会長に手渡した。寄付は3年目。

 早川社長は「ジオパークに期待している。『うめえら!』も伊豆ならではの焼酎と自負している。売り上げが伸び、ジオパークが発展することが望ましい」と話し、菊地会長は「貴重な支援でありがたい。世界認定の審査結果は公表されていないが、期待に応えられるようにしたい」と感謝した。寄付金は全額、「保全・研究基金」へ繰り入れ有効活用する。

 同社は2015年1月、伊豆半島ジオパークの活動推進を図るため、同協議会と連携・協力する協定を締結。「うめえら!」の出荷1本につき10円を寄付することにした。今回は昨年1年間の出荷分。寄付累計は41万9310円になった。

 【写説】寄付金を手渡す早川社長(左)=伊豆市役所