厳しい冷え込みで長く伸びたつらら=旧天城トンネルの伊豆市側出入り口

 ■伊豆地区に厳しい寒さ

 今シーズン最強と言われる寒波の影響などにより、伊豆地区は12日、厳しい寒さに見舞われた。静岡地方気象台によると、三島観測所の最低気温は氷点下3・2度。日中も8度ほどまでしか気温が上がらなかった。

 伊豆市と河津町を結ぶ旧天城トンネル内では、しみ出た水が凍ったつららが長く伸び、長いところでは1メートル近い物も見られる。大阪府から来た夫婦は「前回の旅行では、タクシーで(伊豆市側)入り口まで来て引き返したので、今回はトンネルを通りたいと思った。つららがあるのは知らなかったが、きれい。良い物を見た」と話し、レンタカーでトンネル内を通過した。

 同気象台によると、日曜日まで寒い日が続き、その後は気温が上がる予報だという。

 【写説】厳しい冷え込みで長く伸びたつらら=旧天城トンネルの伊豆市側出入り口