多くの来場者でにぎわう飲食店ブース=伊豆市土肥の松原公園

 ■三、四分咲き 「幸せな気持ちに」

 伊豆市土肥の松原公園で21日、「土肥桜まつり」(市観光協会土肥支部主催)が始まった。オープニングイベントとして、豆州和太鼓集団「粋鼓伝」が太鼓演奏を披露。現在、三、四分咲きの土肥桜を楽しむ市民や観光客でにぎわった。同まつりは2月4日まで。

 ステージイベントでは粋鼓伝が「出陣太鼓」など3曲を披露したほか、歌や三味線の弾き語りなどを行った。飲食店ブースでは、伊豆の食材を使ったカレーやうどん、和・洋菓子のほか、干物や加工品などを販売し、人気を集めた。

 同支部の野毛貴登専務は「イベントで土肥桜と土肥の名産を知り、幸せな気持ちになってもらえれば」と話した。

 同支部によると、土肥桜は土肥地区内に約400本が植栽されており、今週末から来月上旬に見頃を迎えそうだという。

 期間中、土肥桜と文学史跡巡りガイドツアーやミュージックライブ、スタンプラリー、フォトコンテストなどを実施する。問い合わせは同支部〈電0558(98)1212〉へ。

 【写説】多くの来場者でにぎわう飲食店ブース=伊豆市土肥の松原公園