落ち葉プールで遊ぶ親子=伊豆市の修善寺虹の郷

 ■イギリス村の休憩所 昔遊び、ゲーム、工作体験も

 伊豆市の修善寺虹の郷は27日、「冬のちびっ子遊び館」を園内イギリス村のメイフラワー(無料休憩所)2階で行った。同施設初めての試みとして「落ち葉プール」が登場。そのほか昔の遊びやゲーム、工作などが体験できるコーナーを用意し、親子連れなどが楽しんだ。28日も午前9時~午後3時に行う。

 落ち葉プールは職員のアイデアで実現した。園内の落ち葉を敷き詰めたプールは縦約8メートル、横4メートルで、足首くらいまで埋まる深さ。子どもたちは「ザッザッザッ」と音を立てながらプール内を走り回ったり、両手いっぱいに落ち葉をすくって上へまいたりして遊び、「楽しい」と笑顔を見せた。

 こま回しやけん玉、お手玉、だるま落としなどの昔の遊び、エアーホッケーやボウリングなどのゲームも用意した。両親や祖父母が子ども、孫に教えながら楽しむ姿が見られたほか、子どもより夢中になる父親もいた。松ぼっくりなど園内で採れた自然素材を使った工作体験も行った。

 同施設は「小さい子どもも、昔小さかった人も楽しんでほしい」と来園を呼び掛けている。問い合わせは同施設〈電0558(72)7111〉へ。

 【写説】落ち葉プールで遊ぶ親子=伊豆市の修善寺虹の郷