感想文で表彰を受けた入賞者=伊豆市の天城会館

 ■最優秀に丹藤さん(大仁小6年)ら

 伊豆市の「伊豆文学まつり」が28日、開幕した。オープニングイベントとして、湯ケ島で幼少期を過ごした作家井上靖(1907~91年)を顕彰する「あすなろ忌」(市教育委員会、井上靖ふるさと会主催、伊豆日日新聞など後援)が、天城会館で開かれた。井上作品の読書感想文や感想画コンクールの表彰、講演会などを実施した。

 今回は感想文に660点、感想画16点の応募があり、入賞者15人に西井伸美教育長や宇田治良同会会長が表彰状を手渡した。

 表彰式で、菊地豊市長は「今後も湯ケ島で文学の里づくりに力を入れていく」とあいさつ。井上の長男・修一さんは「詩人、小説家井上靖をつくったのは湯ケ島が大きな役割を果たした。この土地にそのような力があることを忘れないでほしい」と祝辞を述べた。

 井上の命日は1月29日で、毎年1月最後の日曜日に「あすなろ忌」を開いている。表彰式の前に関係者が井上が眠る熊野山を墓参。表彰式後、日本中国文化協会理事の佐藤純子さんが「井上靖と中国」をテーマに講演した。

 同まつりは3月4日まで、湯ケ島地区を中心に文学散歩や文学サロン、朗読会などを行う。

 表彰者は次の通り。

 【感想文・小学生の部】最優秀賞 丹藤優(伊豆の国市立大仁6年)▽優秀賞 青木紗璃(伊豆市立天城6年)▽佳作 鈴木高徳(同中伊豆6年)長島友愛乃(同修善寺6年)▽ふるさと賞 杉山水芳(同天城5年)

 【同・中学生の部】最優秀賞 後藤幹奈(東京都・筑波大付属2年)▽優秀賞 古川園絢菜(神奈川県・鎌倉女学院2年)▽佳作 加藤由衣(同)小川志穂(筑波大付属1年)中島真優(同3年)▽ふるさと賞 田口季世佳(伊豆市立修善寺1年)

 【感想画・小学生の部】優秀賞 芹沢結一郎(伊豆市立修善寺南5年)▽佳作 佐藤莉子(同熊坂6年)▽ふるさと賞 加藤千采(同)

 【同・中学生の部】優秀賞 額田宇礼士(伊豆市立修善寺3年)

  【写説】感想文で表彰を受けた入賞者=伊豆市の天城会館