県内私立高の2018年度入学試験が6日、一部の中高一貫校を除く全日制・通信制41校で一斉に始まった。県私学協会によると、総志願者数は3万929人で、募集定員1万1715人に対する平均志願倍率は2・64倍となった。

 三島市文教町の日大三島高は680人の募集定員に対し、志願者は1883人(付属中学からの内部進学者数含む)で、倍率2・77倍だった。初日は国語、英語、数学、理科、社会の5教科を行った。7日は面接を行う。

 合格発表は一部を除き16日。病欠などによる追試験は学校ごとに行う。