函南町長選(3月20日告示、25日投開票)に出馬表明している県議仁科喜世志氏(67)が7日、辞職願を県議会議長に提出し許可された。辞職に伴い県議補選が町長選に合わせて行われる見通しで、3月16日告示、25日投開票となる可能性が高い。

 仁科氏は同町柏谷出身。県立韮山高から法政大卒後に町役場に入庁。議会事務局長を最後に退職後の2011年に初当選し2期目。自民党県連政調会長、県議会建設委員長などを務めた。昨年11月に町長選出馬を表明した。補選の日程は9日の県選挙管理委員会で決定される。

 仁科氏は「不退転の覚悟と笑顔で町民と一緒に新しい風のもと、町づくりにまい進したい」と話した。

 町長選には3選を目指す現職・森延彦氏(71)と環境保全活動家・塩谷敬治氏(62)が出馬を表明している。