■「発達障害」請求に結論

 伊豆市の森良雄市議のブログを巡り審査請求書が提出されたことを受けて設置された市議会政治倫理審査会の第5回委員会が7日、市役所で開かれた。「発達障害」に関する請求書について採決し、市議会議員政治倫理条例第3条第7号の違反には該当しないと結論を出した。

 市政批判したブログに「まるで発達障害のようです」の例えや「発達障害は視野が狭く先が見えない」の記述があったことに対し、市民から相談を受けた間野みどり市議が請求者となった。市議会議員政治倫理条例第3条第7号「議員の発言または情報発信は、確たる事実に基づいて行うこととし、虚偽の事実により他人の名誉を毀損(きそん)する行為をしないこと」に該当するか求めた。

 採決の結果、条例違反に該当するとした委員は10人中、2人だった。討論では「傷ついた人がいるのは事実だが、虚偽の事実や名誉毀損には当たらない」などの意見が出た。