静岡DCATについて松浦さんの説明を聞く出席者=伊豆市の修善寺生きいきプラザ

 伊豆市はこのほど、福祉避難所研修会を修善寺生きいきプラザで開いた。市と災害時の協定を締結する福祉施設運営者や職員約30人が出席。大規模災害時に開設が必要となる福祉避難所の概要や、避難所を支える災害派遣福祉チーム「静岡DCAT(ディーキャット)」について専門家から説明を受けた。

 第5地域包括支援センター長で静岡DCAT登録員の古川直哉さんが福祉避難所の概要について、事務局を務める県社会福祉協議会の松浦史紀さんが静岡DCATについて説明した。

 福祉避難所は、小中学校などに開設される通常の広域避難所で生活できない人を支えるため、社会福祉施設などでの開設が予定されている。静岡DCATは、広域避難所から福祉避難所への移動などの課題を克服するため、県災害福祉広域支援ネットワークが前年度に設立した。社会福祉士など現役の社会福祉施設勤務者が登録員となり、災害時には業務として被災地に派遣される。

 【写説】静岡DCATについて松浦さんの説明を聞く出席者=伊豆市の修善寺生きいきプラザ