校歌を斉唱する卒業生=伊豆の国市の長岡北小

 ■心一つに「旅立ちの日」

 田方・三島の多くの小中学校で20日、卒業証書授与式が開かれた。卒業生たちは思い出のたくさん詰まった学びやを巣立った。

 伊豆の国市立長岡北小は、27人が卒業。舞台に上って一人一人、将来の夢や中学での目標などを発表した後、長谷川和恵校長から卒業証書を受け取った。

 長谷川校長は式辞で「自分の長所を知り、上手に生かすことができたら大きな力になる。27人いれば27の個性があり、魅力があり、思いがある。自分の魅力を信じて、自分を生かす努力をしてほしい」と呼び掛けた。

 卒業生たちは、6年間を振り返り、恩師や保護者、在校生らに感謝の言葉を述べた。「旅立ちの日」などを心を一つにして歌い、最後に「ありがとう。僕たちの長岡北小学校」と声を合わせた。

 【写説】校歌を斉唱する卒業生=伊豆の国市の長岡北小