沼津市の大沼明穂(おおぬま・あきほ)市長が21日午前11時2分、小脳出血のため沼津市立病院で死去した。58歳。葬儀日程は未定。

 公務出席のため迎えに行った市職員が午前8時50分ごろ、自宅で倒れている大沼市長を発見した。すでに心肺停止状態だったとみられる。事件性はないという。

 IT企業社長だった2016年10月に立候補し、初当選した。17年1月には小脳出血と診断され約半月入院した。小脳出血は今回が3回目だという。

 死去に伴う市長選の日程も未定。