花見客でにぎわう夜間照明された参道の桜並木=三島市の三島大社

 ■15日まで土・日曜日 参道桜並木を夜間照明

 参道の桜並木を夜間照明している三島市の三嶋大社(矢田部盛男宮司)は31日午後5時半から、大社舞殿で雅楽を演奏する。国内最大級の観光宣伝「静岡デスティネーション・キャンペーン(DC)」の一環。

 大社は毎年、参道の15種200本の桜並木を夜間照明している。今回はDCのプレイベントとして雅楽を初演奏する。4月15日までの土・日曜日の6日間、午後5時半から6時半まで行う。鑑賞は無料。

 大社は「伝統文化に触れてほしい。地域観光への協力の一環として開催する」と話した。

 夜間照明された桜並木は満開で普段静かな参道は花見見物に参拝した市内外の住民や観光客らでにぎわっている。問い合わせは同大社〈電055(975)0172〉へ。

 【写説】花見客でにぎわう夜間照明された参道の桜並木=三島市の三島大社