観客を魅了した韮山高吹奏楽部の定期演奏会=三島市民文化会館

 県立韮山高(桜井祥行校長)の吹奏楽部定期演奏会が1日、三島市民文化会館で開かれた。3部構成の17曲を発表して観客を楽しませた。

 演奏会は毎年、活動成果の発表の場として開催している。今回は1、2年生34人が昨年9月から練習してきた。

 1部の吹奏楽オリジナル曲から開幕。観客は重なり合う音が奏でる迫力に魅了されたようすだった。2部は電車により星を巡る「宇宙旅行」をテーマに寸劇や映像を交えながら演奏。「ゲームの星」「昭和の星」などから連想する「スーパーマリオブラザーズ」「上を向いて歩こう」といった曲を演奏して観客を喜ばせた。3部はポップス曲を発表した。

 小林部長は「部員が楽しく演奏できるのは多くの理解と応援があったから。感謝の気持ちを込めて演奏します」と話した。

 【写説】観客を魅了した韮山高吹奏楽部の定期演奏会=三島市民文化会館