除幕式後に豊岡市長ら関係者が見る県景観賞最優秀賞受賞記念碑=三島市中央町別館前

 第10回県景観賞で最優秀の県知事賞を受賞したのを記念して三島市はこのほど、市役所中央町別館前に石碑を建立した。受賞団体代表ら約20人が除幕してさらに景観の向上に努めることを誓った。

 景観賞には61件の応募があり、「ガーデンシティみしま」のシンボルロード(大通り―芝町通り約1・2キロ区間)を彩った花飾りと袖看板が評価され県知事賞に選ばれた。花飾りは行政と市民ボランティアの協働、商店などに付けられた袖看板は地元高校生がデザインした。

 シンボルロードに建立した石碑は御影石で高さ約85センチ、幅約50センチ、奥行き約45センチ。県知事賞副賞のブロンズ製プレートを上部中央に埋め込んだ。

 除幕式には三島商工会議所や関係する商店会、ボランティア団体などが出席。豊岡武士市長のあいさつに続いて、三島商店街連盟の熊沢英治会長が「多くのスクラムの結果、受賞した。努力しスクラムを大きくして、より多くの人が集うようにしたい」と誓った。

 【写説】除幕式後に豊岡市長ら関係者が見る県景観賞最優秀賞受賞記念碑=三島市中央町別館前