ガイドの案内で修禅寺を出発する参加者=伊豆市修善寺

 ■散策、特製弁当楽しむ 

 伊豆市修善寺の修禅寺から奥の院まで約1里(4キロ)の道のりをガイド付きで散策し、特製弁当を味わう「奥の院 春の静寂」(市観光協会修善寺支部主催)が1日、始まった。今後は8、15日に行う。

 初日は家族連れやグループなど定員いっぱいの40人が参加した。修善寺ふるさとガイドの会会員3人の案内で、春の里山風景を楽しみながらゆっくり散策した。裾野市の友人を誘って参加したという市内の女性は「何回も参加している、いろいろな花が見られるのが楽しみ。田園風景もきれい」と話した。

 奥の院到着後は、地場産品を使った「奥の院弁当」を味わった。

 8日は予約で埋まっており、15日は数人の空きがある。参加費は弁当付き千円。午前10時に出発する。問い合わせは同支部〈電0558(72)2501〉へ。

 【写説】ガイドの案内で修禅寺を出発する参加者=伊豆市修善寺