豊岡市長(右)に受賞を報告する3商店会代表と三宅社長(左から2人目)=三島市役所

 ■経産省中小企業庁が選定 “新陳代謝”に貢献、生産力が向上

 経済産業省中小企業庁が選定する「はばたく商店街30選」「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に、三島市の三島大通り商店街とアルミ鋳造などを手掛ける三光ダイカスト工業所(三宅ゆかり社長)が選ばれた。今回、県内で唯一受賞した同商店街と同社の代表らが5日、三島市役所に豊岡武士市長を訪ね、喜びを報告した。

 はばたく~は、地域発展や活性化に貢献している商店街や、後進の育成などに力を入れる事業者をたたえる認定事業。同商店街は市や商工会と連携し積極的な空き店舗対策を推進。取り組みが認められ、商店街の「新陳代謝」部門で受賞した。

 構成する中央町商店会(熊沢英治会長)、本町小中島商栄会(佐野正典会長)、本町大中島商店会(大木繁会長)の代表が訪れ、「市や商工会とスクラムを組んで取り組んだ結果で、うれしい」と語った。

 豊岡市長は「これだけ空き店舗が少ないのは県内でも静岡市と三島市ぐらいではないか。ぜひ今後もいろいろな切り口で発展につなげてほしい」と期待した。

 三光ダイカスト工業所は生産力向上が評価され、県内で選ばれた7社のうち1社となった。三宅社長は「これからも若者のアイデアを取り入れて頑張っていきたい」と抱負を語った。

 【写説】豊岡市長(右)に受賞を報告する3商店会代表と三宅社長(左から2人目)=三島市役所