桑野さん(右)から実践的なビジネスマナーを教わる新入社員たち=三島市一番町のTMOホール

 ■「ミス恐れず挑戦して」

 三島商工会議所は16日、新入社員や若手社員を対象にした「実践型社会人基礎教育セミナー」を一番町のTMOホールで開いた。元全日本空輸(ANA)グランドスタッフの桑野麻衣さんを講師に招き、参加者はすぐに役立つビジネスマナーを学んだ。

 20~30代を中心に、三島市、函南町から製造業やサービス業で働く男女52人が受講。在職中、オリエンタルランドでディズニーリゾートのサービスや教育も学んだ桑野さんは、「社会人になると答えは一つでなく、常に自分なりの思考や工夫が求められる」と語り、「(結果の)違いは違いであって、決して間違いではない。ミスを恐れず、果敢にチャレンジしてほしい」と呼び掛けた。

 同セミナーは10年以上前から毎年開催、同商議所は「若い人たちの仕事への定着率向上や、即戦力化につながれば」と話した。

 【写説】桑野さん(右)から実践的なビジネスマナーを教わる新入社員たち=三島市一番町のTMOホール