くす玉の前で記念品を受け取る大竹さん=伊豆市上白岩の中伊豆室内温水プール

 ■伊豆の国・大竹さん「通い続けたい」

 伊豆市上白岩の中伊豆室内温水プール「ふれっぷ」は27日、入場者80万人を達成した。指定管理者の伊豆スイムサポート(水野隆一郎代表)が記念セレモニーを行い、節目を祝った。

 80万人目の入場者になったのは、伊豆の国市田京に住む主婦大竹愛子さん(64)。4年ほど前から同プールに通い、毎週4日間、水泳や水中運動などの教室に参加しているという。

 西井伸美教育長とくす玉を割り、記念品を受け取った大竹さんは「びっくりした。ここに来るようになり友達が増えた。これからも健康を第一に考えて続けたい」と話した。西井教育長は「頑張って続けてください」と呼び掛けた。

 同プールは2000年4月にオープン。水泳や水中運動などのほか、ヨガやフラなど陸上の教室も行い、年間5万人近くが利用している。12年に入場者50万人、14年に60万人、16年に70万人を突破した。

 【写説】くす玉の前で記念品を受け取る大竹さん=伊豆市上白岩の中伊豆室内温水プール