壇上で一人一人1年間の取り組み方針を語る講師たち=伊豆の国市古奈のアクシスかつらぎ

 ■講師が抱負

 伊豆の国市教育委員会は28日、本年度「生涯学習きっかけ作り塾」の合同開講式を古奈のアクシスかつらぎで開いた。子どもから大人まで31講座に延べ416人が受講し、年間を通じて趣味や学びの分野でそれぞれの興味や関心を深める。

 長く学べる生涯活動につなげてもらうのが目的で、全講座が初心者対象となっている。親子体操やヨガ、フラダンス、パッチワーク、パン作り、ウクレレ、書道、パソコンなど多彩で、式では壇上に上がった講師25人が「皆さんの人生がより豊かになるようなヒントを伝えたい」「まず楽しくやるのが第一」などと抱負を語った。

 年度末の3月には閉講式と併せて合同発表会を開き、1年間の成果を披露する。

 【写説】壇上で一人一人1年間の取り組み方針を語る講師たち=伊豆の国市古奈のアクシスかつらぎ