豊岡市長に受賞とデビューを報告する小池さん=三島市役所

 ■作品に「B級コロッケ」登場

 三島市の小池ミサさん(31)=本名・宇佐美早苗さん=が、集英社の「ココハナ新人まんが大賞」で銅賞を受賞し、漫画家としてデビューした。受賞作は同市をモデルとした作品で、みしまコロッケをイメージした「B級コロッケ」が登場する。小池さんは「読んでいる人が楽しめる漫画家になりたい。究極的には映像化される作品を作れたらうれしい」と喜びを語った。

 同社の少女漫画雑誌「ココハナ」の漫画賞。受賞作は「美味(おい)しいひみつ」で、M市観光課に勤務し「覆面美女」として大食いタレント活動をしている岡田が主人公。岡田が気になっている、大食いに否定的な同僚の悠木が企画したイベントで「B級コロッケ」が登場する。

 4月24日全国発売の「ザ・マーガレット6月号」に掲載されている。小池さんは同市生まれ。大学3年生のときに漫画を描き始め、これまでに37作千ページを超える作品を投稿してきた。同市の図書館や喫茶店を題材にしたものもあるという。

 4年前に漫画賞で期待賞を受賞し、担当者がついた。今作について「大食いが好きなのでテーマに選んだ。ゆかりの三島市のみしまコロッケが、大食い対決でも絵になると題材にした。ストーリーだけでなくロケーション的なものも楽しんでもらえればうれしい」と思いを語る。

 沼津中央高で講師をしている。「生徒には公には言っていないが、うすうすばれている気がする。理事長や教頭、仲のいい同僚などには報告し、すごく喜んでくれた」とほほ笑み「憧れの雑誌で良かった。非常勤講師なので時間の融通が利く。両立してやっていきたい」と話した。

 1日夕に市役所を訪れ、豊岡武士市長に報告した。

 【写説】豊岡市長に受賞とデビューを報告する小池さん=三島市役所