参加者を前に事例発表をする前回プログラムを提供したパートナー(右)=伊豆の国市のアクシスかつらぎ

 ■日程や前回の事例聞く 

 伊豆の国市全域を会場に開催する「伊豆の国ふるさと博覧会2018秋」に向けたパートナー(プログラム提供者)募集説明会が9日、アクシスかつらぎで開かれた。パートナーとして参加希望、検討中の人たちが集まり、開催目的や今後のスケジュール、前回の事例発表などを聞いた。

 ふるさと博覧会は、市の地域資源を活用した体験プログラムを楽しみ、元気な町づくりを目指す取り組み。伊豆の国おんぱく実行委員会が主催し、市、市観光協会が共催する。

 2回目の今回は、9月28日~10月28日に開催する。事例発表では、前回プログラムを提供したパートナーが感想などを語った。「市民が改めて伊豆の国市の良さを知ってくれた」「開催場所の価値を再発見できた」などと話した。

 5月18日までパートナーを募集している。問い合わせは実行委事務局〈電055(948)0304〉へ。

 【写説】参加者を前に事例発表をする前回プログラムを提供したパートナー(右)=伊豆の国市のアクシスかつらぎ