受講生を前にあいさつする「かんなみ生涯学習塾」の講師たち=函南町文化センター

 ■49教室に850人、話題のジオパーク講座も

 函南町教育委員会は13日、本年度の生涯学習講座「かんなみ生涯学習塾」の開講式と説明会を町文化センターで開いた。今年は49教室で、60代を中心に町内外から延べ850人が受講。年間を通じて運動や体操、芸術・音楽などの多彩な分野で学び合い、互いに興味や関心を高めていく。

 講座はヨガやストレッチ、スポーツ吹き矢、ダンス、カラオケ、ウクレレ、手芸、パン作り、パソコン教室など。話題のジオパークに関する講座もある。

 式では仁科喜世志町長の祝辞に続き、講師会会長の鈴木進さん(囲碁入門・初級教室)が「今年で19年目を迎え、これまで延べ1万人を超える人たちが新しい事へのきっかけづくりに挑戦した。仲間との出会いを楽しみながらゆったり、ゆっくりとやっていきましょう」とあいさつした。

 年間10~20回ほどの講座が開かれ、来年3月に展示会と発表会で学習成果を披露する。

 【写説】受講生を前にあいさつする「かんなみ生涯学習塾」の講師たち=函南町文化センター