松本会長から表彰される危険物優良取扱者ら=伊豆の国市古奈のホテル・サンバレー富士見

 ■「地域に必要な団体に」

 田方防火協会は14日、2018年度第7回定期総会を伊豆の国市古奈のホテル・サンバレー富士見で開き、本年度の事業計画や予算を決めた。役員改選で松本昭二会長を再任したほか、1個人3事業所を表彰した。

 表彰されたのは、危険物優良取扱者表彰が上田耕三さん(仲道商店)、危険物優良取扱事業所表彰が小柴商店(函南町桑原)、優良防火管理事業所表彰が大江戸温泉物語土肥マリンホテル(伊豆市土肥)、神奈中スポーツデザイン中伊豆グリーンクラブ(同市冷川)。松本会長が表彰状と記念品を手渡した。

 本年度の事業計画には、花火教室の開催、危険物施設の点検指導のほか、視察研修会、普通救命講習の実施、防火PR用品の配布などを盛り込んだ。

 松本会長は「地域の安心、安全のために、さらに消防署と連携し、地域にとって必要な団体でありたい」とあいさつした。役員改選で新任では、副会長に石渡延人さん(天城シェル石渡商店)、村上昇男さん(落合楼村上)が就いた。任期は2年。

 【写説】松本会長から表彰される危険物優良取扱者ら=伊豆の国市古奈のホテル・サンバレー富士見