あいさつする植田支部長(中央奥)=伊豆の国市大仁

 県東部電気工事協同組合大仁支部(植田孝支部長)はこのほど、2018年度総会を伊豆の国市大仁の電気会館で開いた。事業や予算を決めたほか、新規組合員の加入促進を図っていくことなどを確認した。

 事業計画には、各種保険加入、青年部員入会の促進、施工証明書の適用率改善、安全講習会、耐圧試験、パトロールの実施などを盛り込んだ。植田支部長が本年度から3年間、電気技術試験センターの電気工事士試験の技術試験の判定員を受任したことも報告した。

 同支部は伊豆の国、伊豆市などで電気工事を営む業者で組織し、17軒が加盟。昨年度から入会金を無料にし、加入促進に努めている。同組合では「横のつながりができ、毎月の定例会では東京電力の担当者から最新情報を教えてもらえる」と話す。

 問い合わせは同組合〈電0558(76)3147〉へ。

 【写説】あいさつする植田支部長(中央奥)=伊豆の国市大仁