6月の一般社団法人設立に伴い新たに個人・法人向けに発行する「年間パスポート」。メンバー登録で月光天文台のグッズなどもお得に購入できる=函南町桑原の同天文台

 ■公益事業充実へ10日に第1弾コンサート 

 月光天文台を運営する函南町桑原の公益財団法人国際文化交友会は、新たな会員組織として6月中に一般社団法人「宇宙と星流」を立ち上げる。メンバー特典として、個人と法人を対象に2種の「年間パスポート」を新規発行し、より利用しやすい天文台と、地域や社会のニーズに合った教育の普及につなげる。

 年間パスポートは個人向けが5千円、法人向けが1万円。通常の入館料は大人1200円(本館+プラネタリウム館)だが、パスポートを利用すれば1年間何度でも入館できる。さらに会員特典として無料招待券を複数枚付け、同伴者も2割引きにすることで、お得に足を運んでもらえるよう工夫した。パスポートを提示すれば、本館ロビーで扱う天文や化石、宝石グッズ、酪農王国オラッチェ製品なども1割引きで購入できる。4階のムーンカフェも会員価格で利用できるようにする。

 同交友会が一般社団法人を設立する背景には、会員組織として社会的意義のあるイベントや講演などを通じて収益を上げ、教育を中心に月光天文台の公益事業を今まで以上に充実させる狙いがある。

 今後、地域コミュニティの場としての講演や音楽イベントなどにも力を入れる。新パスポート発行のほか、第1弾企画として10日午後1時半から“コマーシャル・ソングの女王”で知られる歌手・松木美音(=ミネハハ)さんによるジョイントコンサートも開く。

 問い合わせは同天文台〈電055(979)1428〉へ。

 【写説】6月の一般社団法人設立に伴い新たに個人・法人向けに発行する「年間パスポート」。メンバー登録で月光天文台のグッズなどもお得に購入できる=函南町桑原の同天文台