田植え作業に励む天城柔道会メンバー=伊豆市上船原

 ■土俵材料と優勝米に

 伊豆市天城地区の若者有志で組織する「どすこい天城大相撲実行委員会」(浅田太郎委員長)はこのほど、田植え作業を上船原の水田で行った。8月29日に明徳寺(市山)の「東司まつり」会場で行われる青年相撲大会に向けた取り組み。わらは土俵の俵の材料、米は優勝賞品などに使用する。

 実行委員のほか、天城柔道会の小中学生も協力した。参加者は約千平方メートルの水田に一列になって並び、苗を丁寧に植え付けた。青年相撲大会の出場チームは8月10日まで募集している。市内在住、在勤の18歳以上男性が対象で、1チーム3人で構成する。問い合わせは浅田委員長〈携帯080(3642)6209〉へ。

 【写説】田植え作業に励む天城柔道会メンバー=伊豆市上船原