波多野さんが見つけた黄色いオタマジャクシ=伊豆市修善寺

 ■「突然変異」の12匹 「どんなカエルに」

 伊豆市修善寺の波多野靖さん(71)の水田で、黄色いオタマジャクシ12匹が見つかった。農作業中に気付いたという妻の鈴代さん(69)は「生まれて初めて見た。どんなカエルになるか楽しみ」と笑顔を見せた。

 鈴代さんが5日、田んぼで草取りをしている時に気付いた。「最初は肌色に見え、何だろうと思った。周りも探したら12匹見つかった」と振り返る。鈴代さんは「実家も農家で子どもの頃からオタマジャクシを見ているが、黄色いのは見たことない」と話す。種類は分からないという。

 河津町の爬虫(はちゅう)類の動物園「iZoo(イズー)」園長の白輪剛史さんは「突然変異で珍しい。伊豆市ではここ数年、黄色いアマガエルを見つけたという報告がある。大切に育ててほしい」と話した。

 【写説】波多野さんが見つけた黄色いオタマジャクシ=伊豆市修善寺