テラコッタを使った花飾りのリニューアル作業に取り組むメンバー=伊豆の国市長岡

 伊豆の国市の花咲く伊豆の国推進協議会所属の「伊豆長岡温泉場通り振興会」(真野好司会長)は19日、長岡の温泉場上(かみ)にあるテラコッタを利用した花飾りをリニューアルした。7月に開かれる「源氏あやめ祭り」や夏の行楽シーズンに向けて、多彩な花々をバランスよく装飾した。

 インパチェンス、ハイビスカス、ペチュニア、マリーゴールド、ケイトウ、レースラベンダー、ゼラニウムなどを用意した。夏から秋まで楽しめる花々という。

 ガーデンデザイナーの中山一男さんの指導を受けながら、同会のメンバー約10人がテラコッタ9鉢に植えた。自動灌水(かんすい)装置も取り付けた。

 真野会長は「ここで写真を撮る観光客をよく見かける。立体的でグレードアップした花飾りを楽しんでもらえればうれしい」と話した。

 花飾り近くにはベンチが備わる。夜間はライトアップも行われる。

 【写説】テラコッタを使った花飾りのリニューアル作業に取り組むメンバー=伊豆の国市長岡