平井署長(左)に受賞を報告する児童たち=大仁署

 ■「経験生かし運転」

 県交通安全協会が開いた「第51回交通安全子供自転車静岡大会」で、同協会大仁地区支部代表の伊豆市立中伊豆小が東部方面優秀賞を獲得した。児童たちは22日、大仁署を訪れ、平井伸英署長に報告した。

 いずれも6年生の浦彩稀さん、遠藤昊君、梅原千晴さん、伊藤琉牙君が出場した。4人は2月から、放課後に交通安全指導員らから学科、実技の指導を受けて本番に臨んだ。

 賞状と盾を披露した児童たちは「本番では失敗もあったけど、この成績はうれしい。経験を生かし、何事にも諦めずに取り組みたい」「最初は学科が覚えられなかったが、分かるようになった。習ったことを生かして安全に運転したい」などと発表した。平井署長は「よく練習したと聞いている。これからはみんながリーダーになり、下級生にも正しい自転車の乗り方を教えてほしい」と呼び掛けた。

 大会は16日に静岡市立中央体育館で開かれ、県内29警察署単位の代表が出場した。方面ごとに上位2チームが優秀賞に選ばれ、中伊豆は東部トップの成績だった。

 【写説】平井署長(左)に受賞を報告する児童たち=大仁署