会員全員が出演して役ごとに朗読した言の葉発表会=函南町文化センター

 函南町朗読サークル「言の葉」(武田由紀雄代表)は24日、第17回発表会を町文化センターで開いた。約50人を前に、日頃の活動成果を発揮して情感豊かに小説、詩などを読み語った。

 同団体は2000年に発足し、町内を中心に13人が毎月2回、町ふれあいセンターで活動している。発表会は毎年開催していて、今回は親子愛や夫婦愛などをテーマに取り上げた8作品の全編や抜粋を朗読した。

 フィナーレは会員全員が出演して「花のき村と盗人たち」(新見南吉作)を発表した。場面に応じて配役の会員が掛け合い、心に染み込むような語り口もあり観客を魅了した。

 武田代表は「今後も人間愛を感じさせ、心の琴線に触れる作品を朗読していきたい」と話した。

 【写説】会員全員が出演して役ごとに朗読した言の葉発表会=函南町文化センター