■4カ所一斉スタート

 伊豆半島を自転車で周遊する「伊豆半島一周サイクリング」(愛称・伊豆いち)が11月17、18日の2日間かけて行われる。本年度から美しい伊豆創造センター(美伊豆)などが主催し、伊豆全体が連携したイベントとして取り組む。初めて「ショットガン・スタート方式」を採用し、日帰りも含めて千人の出場を目指している。

 2010年に「伊豆半島横断サイクリング」として始め、コースや名称を変えながら継続してきた。伊豆市体育協会主催、「自転車と伊豆」推進協議会と美伊豆共催で行った昨年は、同市の日本サイクルスポーツセンターをスタート・ゴールするコースに約120人が参加した。

 今年は2日間で約210キロを走る。ショットガン方式は、複数箇所から同時刻にスタートすることにより、コースとなる公道内の参加者密度を抑える目的。伊東市伊豆高原、伊豆市修善寺、沼津市の静浦、戸田の4カ所をスタート・ゴール地点に設定した。各コース200人を募集する。

 日帰りの「伊豆ワンウェイ」は下田市出発、河津町出発の2コースで、ともに伊豆高原駅まで50キロ、30キロを走る。合計200人を募集する。

 全国各地でスポーツイベントなどによる地方創生事業を手掛ける一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパン(RSJ)が美伊豆とともに主催、スルガ銀行が特別協力する。申し込みはRSJのホームページから受け付けている。問い合わせは美伊豆〈電0558(72)0280〉へ。