ネルソン市から届いたコーヒーを振る舞う交流協会会員=伊豆市の修善寺虹の郷

 ■「カナダ・デー」 ビジネス視野にPR

 伊豆市交流協会(鈴木博美会長)は「カナダ・デー(カナダ建国記念日)」の1日、姉妹都市の同国ネルソン市から届いた自家焙煎(ばいせん)コーヒーの無料試飲会を、「カナダ村まつり」開催中の修善寺虹の郷で行った。ネルソン市側から今後のビジネス交流が提案されており、実現に向けた民間レベルの活動の第1弾として取り組んだ。

 同協会の姉妹都市交流事業委員会(黒須淳美委員長)委員ら4人が参加した。焙煎工場を備えたカフェ「オーソ・ネグロ」のコーヒーを来園客に振る舞った。試飲した人たちは「酸味を抑え、苦味と甘みが出ておいしい」「香りが良い」などと感想を話した。

 会場には過去の姉妹都市交流の写真なども展示し、ネルソン市をPRした。

 ネルソン市とは修善寺町時代の1987年5月に姉妹都市提携を結び、昨年30周年を迎えた。ビジネス交流は、昨年伊豆市の訪問団が訪れた際、ネルソン市側が提案。黒須委員長は「訪問するたび、自慢のカフェとして紹介される。なじみのある品から始めようと思った」と語った。今後もPR活動を重ね、ビジネス交流への展開につなげるという。

 カナダ村まつりは、同国の建国150周年を記念し昨年から始めた。今年は8日まで開催。七夕飾りも取り入れて願い事短冊コーナーを毎日設けているほか、各種体験やライブを行う日もある。コーヒー試飲会は1日だけ行った。3日は休園日。イベントの問い合わせは同施設〈電0558(72)7111〉へ。

 【写説】ネルソン市から届いたコーヒーを振る舞う交流協会会員=伊豆市の修善寺虹の郷