父親、母親2委員会統合前に研修事業の強化を図る市PTA連絡協議会=三島市民文化会館

 ■2委統合し家庭教育委に

 三島市PTA連絡協議会(秋山恭亮会長)は2019年度に、既設の母親委員会と父親委員会を統合し家庭教育委員会に改称する。質の伴う立ち上げを目指し、本年度から研修事業の強化を図る。

 両委員会の統合は家庭、社会の実情に合わせるため実施を決めた。共稼ぎ家庭の増加や子育て意識の変化などに即応した。研修は例年並みの年8回程度ながら、直接学ぶ機会の少ない県外の講師を招くなど充実を図る。

 さきごろ、第2回研修事業が市民文化会館で開かれ、子どもの考える力教育推進委員会の狩野みき代表が「考える力をどう伸ばす?」の演題で語った。2委員会から約80人が参加した。狩野さんはクリティカル・シンキング(考える力)について話し「批判ではなく思いやりの原則が大事。相手を理解するために考える力を伸ばす」と結んだ。

 秋山会長は家庭教育委員会について「これまで父母でテーマが違う研修を行っていた。平等に学習する機会をつくりたい」と話した。

 【写説】父親、母親2委員会統合前に研修事業の強化を図る市PTA連絡協議会=三島市民文化会館