風に揺れて涼しげな音色が観光客を楽しませている「かも風鈴」=函南町塚本の道の駅・伊豆ゲートウェイ函南

 ■黄金崎クリパから多彩な60個展示PR 響き良い音色「耳で感じて」

 函南町塚本の道の駅・伊豆ゲートウェイ函南は7日午前10時から、「七夕」にちなんだ「かも風鈴」の引き売りイベントを開く。ガラス原料の産地で知られた西伊豆町宇久須の黄金崎クリスタルパークから、丈夫で響きの良い音色が特徴のかも風鈴を多数そろえ、特別価格で販売する。

 イベントに先立ち、同施設の物産販売所前では、観光客らに楽しんでもらおうと一足先に多彩なかも風鈴60個を展示。サザエや富士山、新作の金魚など色とりどりでユニークな形をした風鈴が「チリン、チリン」と特有の響きを奏で、訪れた人に夏らしい涼しげな風情を感じさせている。

 引き売りは午後3時までで、風鈴の絵付け体験なども楽しめる。

 施設観光案内所には願い事を書ける短冊飾りも用意し、当日は七夕らしいオリジナルグルメも販売。「かも風鈴ならではの音に触れ、ぜひ目だけでなく耳で七夕を感じてほしい」と呼び掛けている。

 【写説】風に揺れて涼しげな音色が観光客を楽しませている「かも風鈴」=函南町塚本の道の駅・伊豆ゲートウェイ函南