商店街に設置されている七夕飾りと季節の花を植えたテラコッタ=伊豆の国市大仁

 伊豆の国市の大仁商店街に七夕飾りがお目見えした。大仁区民有志でつくる商店街活性化団体「きにゃんね大仁夢追隊」が設置した。各店に置かれているテラコッタも季節の花々に変わり、夏の風情を醸し出している。

 七夕飾りは3年目。メンバーが市内で伐採した竹に、利用客らの願い事が書かれた色とりどりの短冊が飾られている。短冊はこれまで大仁中生に書いてもらっていたが、「客に書かせたい」という要望があり「活性化にもいい」と変更した。35軒に設置している。

 花の寄せ植えは「花で彩る街づくり」の一環で、花咲く伊豆の国推進協議会と共同で行った。テラコッタに植え替えたのは、ペンタス、メランポジウム、ジニアで、夏から秋ごろまで楽しめる花々という。新規4軒を含む32軒の店先などを彩っている。

 夢追隊の金子佳史代表は「少しでも商店街の活性化になれば。短冊の色、花の色が加わることで商店街がにぎやかになってくれればうれしい」と話した。

 【写説】商店街に設置されている七夕飾りと季節の花を植えたテラコッタ=伊豆の国市大仁