県大会の結果を報告する今井さん(左)渡辺さん(中央)巻井君(右)=三島市役所

 ■神士館所属 巻井君(長伏6年)ら3位入賞

 三島市立東小5年の渡辺美海さんはこのほど、静岡市で開かれた県小学生学年別柔道大会で優勝した。先ごろ、3位入賞した巻井優雅君(長伏小6年)、今井葵彩さん(沼津市立大岡小5年)と市役所を訪れ、豊岡武士市長に報告した。渡辺さんは8月に山口県で開かれる第15回全国大会に出場する。

 3人は市内を拠点に活動する神士館(神山信之館長)で稽古している。5年生女子重量級に出場した渡辺さんはオール一本勝ちで全国出場を決めた。今大会で東部地区から全国に出場するのは渡辺さんのみ。

 県大会決勝は東部予選決勝で対戦し負けた選手。別の県大会決勝でも敗退している「因縁の対決」ながら日頃の稽古の成果を発揮して足払いが見事に決まり雪辱を果たした。

 報告に訪れた渡辺さんは「全国大会で優勝してみんなに恩返ししたい」と意欲を示した。巻井君は「これからも勝ちたい」今井さんは「大会で全部一本勝ちしたい」と抱負を語った。豊岡市長は「渡辺さんは全国優勝を狙い頑張ってほしい。巻井君と今井さんは稽古を積んで素晴らしい選手になってほしい」と激励した。

 3人を伴って訪れた神山館長は渡辺さんについて「前に出て力で圧倒し、寝技や返し技で勝つタイプ。5年生なので今回はまず全国の実力をはだで感じてほしい」と話した。同館からの全国出場は5年ぶり。第10回大会まで毎年出場していた。

 【写説】県大会の結果を報告する今井さん(左)渡辺さん(中央)巻井君(右)=三島市役所