ミートローフや五目きんぴらを作る子どもたち=伊豆市の修善寺生きいきプラザ

 伊豆市健康づくり食生活推進協議会(日吉祐子会長)は、本年度も各地で「おやこ食育教室」を開いている。修善寺地区は21、22日の2日間、生きいきプラザで行い、両日とも約30人が参加した。

 「野菜だいすき減塩教室」と銘打ち、「簡単ミートローフ」「野菜いっぱい五目きんぴら」「地場産天草のオレンジ寒天」などを作った。子どもたちは母親や同協議会スタッフとともに切ったり、炒めたり、焼いたりする作業に励んだ。

 合間の休憩時間には、地元の茶葉を急須で入れて試飲。減塩みそ汁体験も行った。

 出来上がった料理を試食した小学6年の女子は「普段は料理をしないので、切り方を学べた」「お母さんに作ってもらった料理はおいしいけど、自分で作るともっとおいしい」、3年生男子は「野菜を切るのが難しかったけど上手にできた」などと感想を語った。

 中伊豆地区は26日、土肥地区は27日に開く。

 【写説】ミートローフや五目きんぴらを作る子どもたち=伊豆市の修善寺生きいきプラザ