謝辞を述べる県医師会会長に就いた紀平さん=伊豆の国市古奈

 ■「支援に感謝」

 田方医師会顧問で伊豆市柏久保の紀平クリニック院長の紀平幸一さん(78)が、同会では初となる県医師会会長に就いた。田方医師会(紀平章代会長)による就任祝賀会が24日夜、伊豆の国市古奈のホテル・サンバレー富士見で開かれ、会員約50人が出席して栄誉をたたえた。

 紀平さんは1982年に同クリニックを開業。2000年に田方医師会会長に就いた。08年から県医師会理事、12年から副会長を務め、6月16日に会長に就任した。任期は20年6月に行われる定時代議員会までの2年間となる。

 祝賀会では、順天堂大医学部付属静岡病院の三橋直樹院長が「最近の暑さを吹き飛ばす素晴らしい出来事。県医師会全体のために力を尽くしてほしい」、発起人を代表して田方医師会の佐藤隆夫副会長は「大変な重職を担うことになり、活躍を期待している」と祝辞を述べた。

 記念品と花束を受け取った紀平さんは「会長までいけたのは、田方医師会など皆さんの支援のたまものだと心から感謝している。頑張っていきたい」と語った。

 【写説】謝辞を述べる県医師会会長に就いた紀平さん=伊豆の国市古奈