JA伊豆の国女性部(鍵山恵美子部長)は28日、夏休み食農体験「ちゃぐりんセミナー」を伊豆の国市山木のJAグリーンプラザ伊豆の国で開いた。市内外から親子ら7組21人が参加し、地元農産物を使ったピザ作りを楽しんだ。

 部員、JA職員が指導に当たった。子どもたちは保護者と協力しながら、生地をこねたり、ズッキーニやミニトマトを食べやすい大きさに切ったりした。伸ばした生地にチーズなどを載せて焼き上げ、部員手作りのプリンとともに味わった。

 夏野菜の収穫体験も予定していたが、雨のため料理教室のみ行った。鍵山部長は「収穫体験はできなくて残念だが、取れたての野菜をおいしく味わってもらえればうれしい」と話した。

 調理の前に、セミナーのタイトルにもなっている、JA発行の子ども向け学習雑誌「ちゃぐりん」に掲載されている段ボールを使ったピザ釜の紹介も行った。

 【写説】地場産農産物を使ったピザ作りを楽しむ親子ら=伊豆の国市山木