ジャンボリーへの決意を誓う函南1団ベンチャースカウトの落合さん=三島市民生涯学習センター

 ■来月開催

 ボーイスカウト三島地区(藤田和夫委員長)は29日、第17回「日本スカウトジャンボリー」派遣隊の壮行会を三島市民生涯学習センターで開いた。三島・田方地区の団員から派遣する3隊を激励した。

 ジャンボリーは4年に1回、開催している。今回は8月4~10日の6泊7日、石川県で行う。全国のボーイスカウトとベンチャースカウト約1万3千人がキャンプしながら各種体験を通して心身の成長を図る。

 同地区は三島、伊豆の国、函南の3市町の7団から混成を含め小学6年生から高校3年生まで84人を派遣する。

 壮行会で落合崇人さん(函南第1団ベンチャー隊)が「仲間との友情、培った経験、技術を生かしたい」と誓った。藤田委員長は「何事も挑戦して一歩前に出てほしい」と期待した。

 矢田伊吹君(大仁1団カブスカウト)の贈る言葉に続いて、函南町の仁科喜世志町長が「大きな心の財産を持ち帰ってほしい」と励ました。

 【写説】ジャンボリーへの決意を誓う函南1団ベンチャースカウトの落合さん=三島市民生涯学習センター