清拭布やタオルを段ボールに入れる役員=伊豆市修善寺

 伊豆市の女性サークル修善寺(湯川静子会長、会員約80人)は9日、段ボール12箱分の清拭(せいしき)布とタオルを、小立野の伊豆赤十字病院と付属の介護老人保健施設「グリーンズ修善寺」へ寄贈した。

 役員たちが湯川会長宅に集まり、1年間で集めたタオルと、25~30センチ角にそろえた清拭布を段ボール箱に入れ、日赤職員に引き渡した。湯川会長は「今後も年に1回、続けていきたい」と語った。

 同サークルは10年以上前から、「もったいない運動」に取り組んでいる。シーツや浴衣などを再利用した清拭布と未使用のタオルを両施設へ贈っている。

 【写説】清拭布やタオルを段ボールに入れる役員=伊豆市修善寺