人気を集めた狩野川漁協の「アユの塩焼き」コーナー=伊豆の国市長岡

 ■伊豆長岡の「お散歩市」 地場グルメ中心に20ブース

 伊豆の国市の伊豆長岡温泉場通りで毎月第2日曜日に「温泉場お散歩市」を開いている市民グループは12日夜、初の「夜市」を南山荘前で開いた。地場グルメを中心に約20ブースが並び、温泉街の宿泊客らでにぎわった。

 正月と並び多くの観光客が訪れる時期に、朝市とはひと味違った夜の趣を楽しんでもらおうと企画した。生ワサビやアユの塩焼きといった伊豆らしい販売コーナーが人気で、浴衣に似合う和素材のアクセサリーなども女性の関心を集めた。

 会場の一角には散歩客が並んで休める特製の足湯を設け、スイカ割りなども盛り上がった。伊豆長岡温泉場通り振興会の真野好司会長は「好評なら秋にも開催したい。こうした企画を継続し、長岡温泉の活性化、PRにつなげたい」と語った。

 【写説】人気を集めた狩野川漁協の「アユの塩焼き」コーナー=伊豆の国市長岡