水中を泳ぎ回るアユを懸命に捕まえようとする子どもたち=伊豆市の山田川沿い

 伊豆市の熊坂小学区地域づくり協議会(梅原宏史会長)はこのほど、堀切区公民館と近くの山田川で、初の「野外交流祭」を開いた。約50匹が泳ぐアユのつかみ取り、地元の猟師提供のイノシシやシカの肉を使ったバーベキューが人気を集めた。

 3歳から小学6年までの子どもと親ら40人が集まった。川のそばに特設したアユのつかみ取りでは、子どもたちが「取れた!」「今アユが足を触った!」と大はしゃぎ。生きの良さにびっくりしながら、夢中で楽しんだ。

 捕まえたアユは差し入れの40匹と合わせて炭焼きし、味わった。地域の見どころを紹介するジオポイント講座、野鳥の話などもあり、参加した親子が興味深そうに聴き入った。

 同協議会は「子どもたちが『またやって』と喜んでくれたので、ぜひ来年も企画したい。秋には文化交流祭、収穫交流祭も開く」と話している。

 【写説】水中を泳ぎ回るアユを懸命に捕まえようとする子どもたち=伊豆市の山田川沿い