発声練習を行う生徒たち=伊豆の国市四日町

 県立伊豆総合高総合学科の2年生115人は23日までの3日間、伊豆市や近隣市町の事業所でインターンシップ(職業体験)を行った。

 伊豆の国市四日町のFMいずのくにには、8人が訪問。初日は発声練習を行ったほか、パーソナリティーのリポートに同行して取材方法を学んだ。 渡辺琴音さんは「コミュニケーション能力を付けたいと選んだ。発声練習は難しく、3日間で滑舌などを良くしていきたい」、後藤正志君は「将来は教師になりたいと考えている。生徒に分かりやすく説明するために役立てていきたい」と話した。

 生徒たちはリポートやCM制作に取り組み、最終日の23日はラジオに出演した。正午台、午後1時台の番組に出て、1人5分間、伊豆の国市のことを発信した。

 【写説】発声練習を行う生徒たち=伊豆の国市四日町